施工事例載せていきます

 8月も終わりそろそろ秋めいてきましたね、2012年も残すところあと4カ月弱・・・・


そう言えば、今度10月に開催される一関市の住宅祭


「撥水コート美輝」が出ることになりました\(^o^)/


その時には、はっぴを着た私が熱弁するところを見れるかも?






そんな発表もあったことですし、今回紹介する邸宅さんは

初めて「撥水コート美輝を塗らせてもらった、そんな思い出深い現場です。




施工事例
住所・氏名
岩手県一関市地内 「O様邸」
施工箇所 :外壁・軒天・屋根等


今回紹介させてもらう「O様宅」の施工前がこちら


全体的に暗めの配色で落ち着いた感じになっております。
こういった、明度差の少ない配色は一体感を出すのに役立ちますね〜


それで、住宅に足場を掛けたのがこちら


何度見ても思いますが、これを一日程度で掛けるのだから足場屋さんすごい!!


これから塗り方になる訳ですが、最初に屋根を塗っていきます(>_<)

こちらが一番最初の工程「ケレン」ですね〜

デッキブラシの様なものでゴシゴシやっているのが分かるかと思います。


通常はここに施工中の写真を載せるんですが、今回のメインは
外壁の「撥水コート」ということもありますので、完成後の艶を見てもら
うだけに留めます(>_<)



一点の曇りもない、この艶・仕上り。
まで仕事という言葉が似合う逸品ですかね(^^)


次にメインの外壁塗装

塗装する前に毎度おなじみ「高圧洗浄」




次に下地の調整材を塗っていきます。



やっぱりこちらもおなじみの「リフレエース」ですね。
パターンも付けれる、バインダーにもなる優れモノ。
個人的には名前が一番好きですが(笑)


そして「水性グランツSI」というシリコン樹脂系の水性塗料を塗っていきます。

          (こちらが中塗り)

          (こちらが上塗り)

ちなみに、上の写真に写る塗ってる人が私だったりするんですが・・・・
この位の凹凸のそんなに差がない外壁でも、塗ってみると、非常に
塗り辛い^_^;
塗り方のコツがあるようなんですが、ここでは力で押さえるかっこうに・・・・
「塗る」という一つの行為をとって見ても、楽じゃないな〜(-_-;)


そんなこんなで仕上がった外壁がこちら


光の反射等もありますが、ムラのない良い仕上がりかなと思います。

そしてここからお待ちかねの

「撥水コート美輝」を塗っていきます。




そんなこんなで、しっかり塗り終え足場解体をした後がこちら





艶がしっかりと出ており、塗った感のよく出た建物になったかと思います。

そして最初とは対照的に「明度差のある邸宅」に仕上がった訳ですが、外壁には赤に近い黄色を使っているので、温かみと活発さ
を連想する事もでき、配色も良いモノになったかと思います。


後は、冬場の「いかに美輝が冬場に強いか」を確認するだけですので、その時にはまたお邪魔したいと考えています。 小野寺
author : otanaka | category : 施工事例
comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新の記事

カテゴリ

過去ログ

最近のコメント