施工事例載せていきます

12月も2週目、業者さんからも「カレンダー」や「お歳暮」をもらい始め、いよいよ今年も暮れるんだと実感します(@_@;)

塗装屋としても、なかなか作業し難い時期になってきておりますが、去年から引き続いて中々忙しい日々が続いております。




余談も程々に、施工事例を載せます。

今回紹介するのは

一関市千厩町:佐々木様邸
塗装箇所:外壁

新築工事だったわけですが、施主さんの希望で外壁が塗装になりました(*^_^*) もちろん、撥水コートを使いました〜

で、工程写真を省略して出来あがったのがこちら!!


日差しをしっかりと浴びて、白一色の様に見えます(@_@;)

実際は、奥が白・格子の付いている部分が淡い紫なんですが、写真だと分かり辛いです(>_<)

近くで見ればしっかり色の違いが分かるので、千厩町の国道284号線を通る際は北側を眺めながら走るのも良いかもしれません(*^_^*)

author : otanaka | category : 施工事例
comments(0) | trackbacks(0)

施工事例載せていきます

 8月も終わりそろそろ秋めいてきましたね、2012年も残すところあと4カ月弱・・・・


そう言えば、今度10月に開催される一関市の住宅祭


「撥水コート美輝」が出ることになりました\(^o^)/


その時には、はっぴを着た私が熱弁するところを見れるかも?






そんな発表もあったことですし、今回紹介する邸宅さんは

初めて「撥水コート美輝を塗らせてもらった、そんな思い出深い現場です。




施工事例
住所・氏名
岩手県一関市地内 「O様邸」
施工箇所 :外壁・軒天・屋根等


今回紹介させてもらう「O様宅」の施工前がこちら


全体的に暗めの配色で落ち着いた感じになっております。
こういった、明度差の少ない配色は一体感を出すのに役立ちますね〜


それで、住宅に足場を掛けたのがこちら


何度見ても思いますが、これを一日程度で掛けるのだから足場屋さんすごい!!


これから塗り方になる訳ですが、最初に屋根を塗っていきます(>_<)

こちらが一番最初の工程「ケレン」ですね〜

デッキブラシの様なものでゴシゴシやっているのが分かるかと思います。


通常はここに施工中の写真を載せるんですが、今回のメインは
外壁の「撥水コート」ということもありますので、完成後の艶を見てもら
うだけに留めます(>_<)



一点の曇りもない、この艶・仕上り。
まで仕事という言葉が似合う逸品ですかね(^^)


次にメインの外壁塗装

塗装する前に毎度おなじみ「高圧洗浄」




次に下地の調整材を塗っていきます。



やっぱりこちらもおなじみの「リフレエース」ですね。
パターンも付けれる、バインダーにもなる優れモノ。
個人的には名前が一番好きですが(笑)


そして「水性グランツSI」というシリコン樹脂系の水性塗料を塗っていきます。

          (こちらが中塗り)

          (こちらが上塗り)

ちなみに、上の写真に写る塗ってる人が私だったりするんですが・・・・
この位の凹凸のそんなに差がない外壁でも、塗ってみると、非常に
塗り辛い^_^;
塗り方のコツがあるようなんですが、ここでは力で押さえるかっこうに・・・・
「塗る」という一つの行為をとって見ても、楽じゃないな〜(-_-;)


そんなこんなで仕上がった外壁がこちら


光の反射等もありますが、ムラのない良い仕上がりかなと思います。

そしてここからお待ちかねの

「撥水コート美輝」を塗っていきます。




そんなこんなで、しっかり塗り終え足場解体をした後がこちら





艶がしっかりと出ており、塗った感のよく出た建物になったかと思います。

そして最初とは対照的に「明度差のある邸宅」に仕上がった訳ですが、外壁には赤に近い黄色を使っているので、温かみと活発さ
を連想する事もでき、配色も良いモノになったかと思います。


後は、冬場の「いかに美輝が冬場に強いか」を確認するだけですので、その時にはまたお邪魔したいと考えています。 小野寺
author : otanaka | category : 施工事例
comments(0) | trackbacks(0)

塗装の施工例載せていきます

 お盆直前!!弊社も明日からお盆休みですが、


本日は


撥水コート美輝」の施工事例を紹介します\(^o^)/




施工例
住所・企業名:岩手県一関市千厩町:前田「菊地新聞店様社屋」
施 工 箇 所 :外壁・軒天・樋等


今回紹介させてもらう「菊地新聞店さん」

明朗な人たちが多い千厩の「情報発信源」であります(>_<)


明るい職場の素は人懐っこさが魅力のゴールデンレトリーバーも
一役かっているかも!?
やっぱり犬は可愛いですね(*^_^*)


ワンちゃんの紹介は写真の許可が下りたらしたいとおもいますが


それはさておき、今回の施工は大まかな写真でお伝えします


まず、こちらが施工前

遠目なので少し分かり辛いですが、窓の上や下場がすこし
汚れていますね、また所々で塗膜の劣化も見られました・・・・

長年の埃や・紫外線・寒暖の変化というものは
どんな丈夫で頑丈な建物でも、綺麗な状態で保つのは難しい
そんな感じにさせられる、写真ですが・・・


そうした外敵から身を守るすべが「塗料・塗装」と言っても
過言では無いわけです(>_<)

ちなみに「撥水コート美輝」を塗った後は



このように仕上がりまして、艶も以前の倍くらいになって
頼りがいのある塗装になった事かと思います(^O^)/


author : otanaka | category : 施工事例
comments(0) | trackbacks(0)

塗装の施工例載せていきます

 今回は大田中塗装店と岩手県工業技術センター・斎藤株式会社で共同開発しました
撥水コート美輝の施工事例を紹介したいと思います(>_<)

美輝の秘密はHPに載ってるのでそちらも参考に(^O^)/
美輝HPhttp://www.otanaka.jp/miki/


施工例
住所氏名:岩手県一関市千厩町:館山「渡辺様邸宅」
施工箇所:外壁・軒天・樋/破風・濡縁等


まず、施工前の写真がこちら


純和風家屋ですね〜
最近、こうしたお家が建てられることが少なくなってきてると感じる
今日この頃です。
将来はこうした家を建ててやろうと思う23歳のこの頃(._.)


感傷はさておき、ここからどのように変わっていくのか・・・・

職人魂の見せどころであります(>_<)

まず、最初は「高圧洗浄」を行います



こうして、塗膜の劣化やホコリ・鳥の巣なんかを冷酷に洗浄していきます。
こうしてやることで、塗料がのる清浄な壁を作っていきます。

次に、細々とボードのひび割れなんかを処理してあげて
下塗りとなる「下地調整材リフレエース」を塗っていきます(^◇^)



このリフレエース「エポキシ樹脂系」のガッチリ固まる塗料で、耐久性等は勿論
ひびや割れにもある程度追従するという中々頼りになる存在です(^O^)/

こうして、出来あがった下地の上に「シントーグランツSI」と呼ばれる、
塗料を「中塗り・上塗り」と塗っていきます。





色を付けて見栄えを良くすることと、写真の様に2回塗ってやることで
塗料の性能もきちんと発揮され、耐候性なんかの要になる部分ですね〜

普通は、この様な工程で塗装を終えるんですが・・・・・


大田中はこの上に上塗り塗料までも保護する
「撥水コート美輝」を塗装していきます。



塗料は無色で、こういった感じに「温風ガン」で塗装していきます。



塗り終わりがこんな感じで、色合いも心機一転メリハリのある感じに仕上がりました\(^o^)/

美輝のお陰で艶やかな雰囲気に仕上がりました〜





個人的にお気に入り箇所の玄関周り、濡縁も落ち着きのある
色になりました(^^ゞ




これからドンドン施工事例を増やしていくので、皆さん見に来て下さいね〜

大田中HP:http://www.otanaka.jp/
美輝サイト:http://www.otanaka.jp/miki/
author : otanaka | category : 施工事例
comments(0) | trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新の記事

カテゴリ

過去ログ

最近のコメント